テーマVirtue(海外)を使ってみる8回目 ショッピングサイト作成3回目

 
今回は テーマVirtue(海外)を使ってみる8回目になります。

今回はショッピングサイト作成の第2回目になります、

前回からの続きで、 ダッシュボード > WooCommerce > 設定 となります。

 



 

設定は商品で、ここでは、商品の単位と、商品の評価(レヴュー)の設定です。

 

プロダクト(商品設定)

 

商品の評価(レヴュー)の設定につきましては、さらに、商品個別に設定することになります。後々のブログにて説明することになります。
 

Shop Item display

 

ショップと商品ページ


ショップページ表示の「shop」はWooCommerceをインストールした際にできたページの名前です。


その他は、商品画像を表示するかしないか、商品の並び順、カートに入れた後の表示などの
設定を行います。



 


商品画像

ページごとに商品の大きさを決めたり、Liteboxで画像を拡大することを、選択していきます。
 

 

Stock (在庫)

 

こちらは、在庫の管理の設定を行います。

ショッピングサイトでは通常、在庫切れの前に、いくつ残っているのを示しますが、その部分を設定します。
 
通知受信者

 
こちらでは、管理者、担当者のメールアドレスを書きます。

 

Download ダウンロード

 
基本的にこれで大丈夫です。X-Accel-Redirect/X-Sendfileを使うのは大容量ファイルの時。

 



 

続いて、その右側のタブ です。

上の画面は商品の送料と税についてのものです。

WooCommerceはアメリカなどの州により税金が変わるものを採用していますが。

日本の場合は消費税だけなので、以下のようにしています。

 

税

 

標準税率も設定します。

 

ここでは消費税の税率を記入します。
 
標準税率

 

上記のままで、設定すると 商品価格は税込みとなります。

確認して、問題がなければ
「変更を保存」ボタンを押します。

 



 

今回はこれで終了です。ありがとうございます。
 
次回は、9回めで ショッピングサイト作成4回目となります。
 
次回の支払い方法も重要ですので、
読んでいただけるといいかと思います。