テーマVirtue(海外)を使ってみる18回目

WordPress(ワードプレス)のテーマVirtue(海外)を使ってみる18回目です。

今回、バージョンは、4.42にバージョンUPしました。
 
前回最終回と書いてしまいましたが、

実は、まだ、やるべきところがありました。
 
今回の内容は、Typographyです。

テーマVirtue(ヴァーチュー)での、部分部分で文字の大きさや、
色、書体などの設定ができます。

 



 

場所は、ダッシュボード > Theme Option > Typographyです。

Typogrhphyの場所

 



 

H1 Headings
 
H1(見出し)を使っている部分の 書体や色や大きさを変更できます。


h1の色を変更

 
例えば、Home の場所に 紺色。

トップページのh1が濃い青色に変更

 



 

H2 Headings
 
H2(見出し)を使っている部分の 書体や色や大きさを変更できます。


トップページのh2が普通の青色に変更

 
例えば、トップページの Blog の場所に青色

ブロクページでH2は使われている

 



 

H3 Headings
 
H3(見出し)を使っている部分の 書体や色や大きさを変更できます。

トップページのBlogの文字や、ウィジェット(サイドバー)の項目の見出しで使われています。


h3の色を変えました。

 



 

H4 Headings
 
H4(見出し)を使っている部分の 書体や色や大きさを変更できます。


h4の表示を変更

 



 

H5 Headings
 
H5(見出し)を使っている部分の 書体や色や大きさを変更できます。


h5の色や大きさを変更することができる。

 



 

Body Font Options
 
ブログや固定ページの文章の色や大きさ、フォント(文字)を変えます。


サイト内のブログの文章、固定ページの文章を変更できる。

 
例えば、Blogの文章を茶系にする。

文章の色を変更

 



 

久しぶりの投稿でした。

読んでいただいた方には、

感謝いたします。